10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
SEARCH
JFA U-12サッカーリーグ2018 第9節 第10節

【大会名】

JFA U-12サッカーリーグ2018


【日時】

10月8日(月)


【会場】

上白根小学校


【試合方式】
8人制・15分ハーフ


【対戦結果】

。s FC都筑

●2−3

 

■s アローズSC

○2−1

 

【総評】

試合に入る前の雰囲気、状態はとてもアットホームな感じで、緊張せず挑めました・・・が、緩みすぎて逆に先制されてしまう形。

なかなか、試合の入りは難しいですね。

試合は、余裕がある中で、すぐに蹴ってしまったり、つなごうとしすぎて奪われたり。

観て判断する部分、ドリブルで引き付けながら攻め込む場面が、数回見られるだけでした。

失点に関しては、前線の緩いプレス、蹴られた時の競り合い、セカンドに対する反応、これらすべてが後手に回っていたように思います。

2試合目も、立ち上がりは改善できず先制されましたが、ハーフタイムでしっかり話、後半得点を重ね勝利することができました。

今回の試合においてどの得点も、やりたいことをやるために、やれることをしっかりやれている状況の時に点が取れていたかと思います。やはり、継続の部分では30分間やり続けなければいけませんね。

 

結果FAリーグでは5位という結果となりましたが、内容の濃い試合ばかりでした、5年生たちに力を貸してもらいつつ、6年生自身の成長もできた大会かと思います。

今後は、区大会・県大会とありますが、残りのジュニアでのサッカーを、楽しみつつ常に向上心をもって挑みましょう。

 

保護者の皆様、たくさんの応援ありがとうございました。

 

 

| - | pookmark |
U11 トレーニングマッチ【10/6】 vs KJF

今回は、川崎のKJFさんのお誘いで、交流試合に行ってきました。

5年生のメンバーは、ほとんどが公共機関の利用で来場し、たくましさを感じる今日この頃です。

 

5年生が人数が少ないので、助っ人で3名4年生からも参加してもらいました。

 

○試合形式

・8人制・15分×4

 

【総括】

全体的に前に急ぎすぎてボールを奪われてしまう立ち上がりでしたが、徐々に相手の動きを観て、駆け引きの中で攻撃ができていました。また守備の面でも、一人一人の意識も高く、ポジションのずれもケアしながらコミュニケーション取りながら闘えたかと思います。

ただ、ファーストディフェンダーのプレスのかけ方によっては、その後の守備に不安定な要素をあたえてしまいました。

まだまだ、守備の部分では、一人一人が手を抜かず、奪い切るまでかけ続けることは必須で行ってほしいです。

特に前線を任されている選手ですね。

頑張っていきましょう。

 

KJFの皆さんありがとうございました。

| - | pookmark |
【10/6(土)】U11 練習試合 会場地図

練習試合の会場地図になります。

↑クリック拡大。

| - | pookmark |
JFA U-12サッカーリーグ2018 第8節 

【大会名】

JFA U-12サッカーリーグ2018


【日時】

9月23日(日)


【会場】

上白根小学校


【試合方式】
8人制・15分ハーフ


【対戦結果】

。s VIENTO.FC

○4−2

 

【総評】

,い弔發世話になっているVIENTOさんとの楽しみな戦い。

この日は、選手たちが会場に着くのがギリギリになってしまい。各チームならびに本部の皆様には大変ご迷惑をおかけしました。

ただ、自分たちで公共機関を使い毎回来場するのには、彼らの成長を感じます。

そして試合に関しては、前日に動きの中でのシュート練習や3vs3+GKの練習をしましたが、まさにその部分が出ていたような感じでした。ほんとオフの動きって難しいのですが、その動きがあるからこそドリブルも活かしやすくなる部分があります。

ドリブルの技術の向上と共に、今後も平行して練習していきたいところです。

| - | pookmark |
JFA U-12サッカーリーグ2018 第5節 第6節 第7節

【大会名】

JFA U-12サッカーリーグ2018


【日時】

9月16日(日)・17日(月)


【会場】

上白根小学校


【試合方式】
8人制・15分ハーフ


【対戦結果】

。s HIP.SC

●0−4

■s 藤塚KC

○3−0

vs 中和田FC

●0−2

 

【総評】

,海離蝓璽阿涼罎任牢岼磴い覆、優勝候補のチーム。いつもお世話になっているHIPさんとの試合。

立ち上がりの数分、相手の猛攻に耐えつつ自分たちのサッカーを見せ始めれるかなといったところでPK。

中盤でのプレスの甘さがディフェンスラインにまで影響しやむを得なくタックルするも後手に回ってしまったためファールを取られてしまいました。その後も、自分たちの時間も取り戻せなく、0−4での敗戦となりました。

修正部分は多々ありますが、やはり守備の意識とセットプレーの対応ではないかと思います。

 

⇒眛はきりかえ、藤塚KCとの試合。

練習でしてる場面が多く出て、良い試合運びができました。

 

この調子で2試合目も挑みたかったですが、早いプレスと勢いの中で、もっともっと対応できるようになりたいですね。

まだまだあわてて蹴ってしまったり、意図のないプレーがありました。

そんな中でもチャレンジする場面は多く、「上手いんだからもっと自信を持って挑んでほしいな」と思う試合でした。

口をすっぱくして言いたいのは、チャレンジすることはリスクが伴います。だからと言ってチャレンジしないのはレベルアップにはつながりません。そしてチャレンジするとともにミスをしてしまった時、その後の対応がとても大切になります。

そういった部分に関しては、取られたら奪い返すまで追いかけ「続ける」執念が必要ですね。

やはり、継続が勝利を導くのではないでしょうか。

頑張っていきましょう。

 

 

 

| - | pookmark |
JFA U-12サッカーリーグ2018 第1節 第2節 第3節

【大会名】

JFA U-12サッカーリーグ2018


【日時】

9月8日(土)・9日(日)


【会場】

上白根小学校


【試合方式】
8人制・15分ハーフ


【対戦結果】

。s N2SC

△2−2

■s 横浜深園

●0−2

vs YMCA

○1−0

 

【総評】

―蘋錣任發△蝓夏場の成果を出すには絶好の対戦相手。

N2SCさんは春のFAでもブロックを優勝をしているということで、楽しみな試合となりました。

立ち上がりから、プレスもかけることができ中盤でのこぼれ球の奪い合いといったところでした。

相手の跳ね返しや巧みなパスに対し、対応するものの、前半セットプレーにて失点。

ハーフタイムでは、焦ることもなく終始なごやか。こんな日は、後半からの巻き返しも今までのパターンだとあり得るくらいベンチでも余裕がありました。やはり試合は楽しまないと。

そんな中、メンバーも少し変え挑んだ後半、相手の右サイドからの攻撃に対し悪い展開が続き修正できず失点。0−2の状況。

フィットしなかったのでメンバー替えを行い、バラスが少しずつ良くなってきた中、仕掛けからのフリーキックゲット!!

このフリーキックを決め1−2。

勢い流れは、完全にこちら側のペースでした。終盤、またもやドリブルからのシュート。セーブされたのを詰め。同点。

その後も攻撃するも2−2の引き分け。初戦は勝ちたかったものの、勝利と同等の内容ではなかったでしょうか・・・

彼らの最後まで粘り強く戦う精神の成長を感じました。

 

■夏目の対戦一番で、深園さんとの戦いとなりました。

身体がでかく、足も速い、そして闘える選手が多いといったところです。

この相手に対し、自分の武器はなんなのか・・・それぞれに考えさせ挑んだ試合となりました。

やれることをやった中でも、まだまだ上を目指せるし、まだまだ闘う精神を高めたいところです。

駆け引きも通用したし、チャレンジもできた。それを継続するメンタル。次回、機会あれば次は勝てるよう頑張ろう。

 

F韻犬のYMCAさん、春の区大会では負けた相手です。

その相手に対し、出だしから攻撃的に躍動し、ポジションも関係なしに、いろんな選手が、色々な場面で登場してきました。

観ててもカナリ面白い試合。

これができたのもやはり守備の徹底ができたから。ファーストが誰なのか。セカンドで狙う意識。こぼれ球への反応・対応。

この部分で、ボールを持つ回数が増えたのが勝因ではないでしょうか。

また、オフの動きにおいて、まわる・よる・ひろがる、全員が意識しながらやっていましたね。

 

リーグ戦は、まだまだ長いので、しっかり体調調えて戦っていきましょう☆

 

 

| - | pookmark |
U12トレーニングマッチ【9/1】

【大会名】

トレーニングマッチ


【日時】

9月2日(日)


【会場】

保木公園グランド


【試合方式】
8人制・15分


【対戦チーム】

・嶮山キッカーズ

・市ヶ尾ブリーオ

 

【結果】

6年

嶮山キッカーズ

。粥檻

■亜檻

市ヶ尾ブリーオ

。亜檻

■院檻

1−0

 

5年

嶮山キッカーズ

。亜檻

■押檻

1−0

市ヶ尾ブリーオ

。亜檻

■院檻

 

【総評】

今回急遽5年生も試合を組ませていただきました。

嶮山のスタッフの皆様、市ヶ尾のスタッフの皆様、ありがとうございました。

さてさて、内容はというと、やはり立ち上がりの悪さが目立ちました。ただ、その部分を克服すれば、技術面においては抜けているかとおもいました。1対1の駆け引き・強さ良かったです。

ただ、完成度が高いチームに対し、自チームでの選手間の約束事をしっかり戦術として意識して挑まないと、8人制においては崩壊しかねない部分もあるかなと感じました。

やはり守備面においての強化は必須ですね。あとは、年間通してでもですが「継続」ですね。

○少しずつ変化が見えるところ

今回の試合では招待されてるとはいえ、みんなで協力し準備を手伝う、そんな部分が見えました。

まだまだ、「なんで僕らが・・・」と文句を言いながらではありますが、そういったことを進んでしようとする部分が少しずつ見えてきました。

このグランドで試合ができること、自分たちの為に準備していること、色々なことを考え、感謝の気持ちを持ち、進んで協力できる選手になってほしいと思います。

そんな先輩の背中をみて後輩たちも育っていますからね☆最高学年としての誇り!!

 

| - | pookmark |
U12トレーニングマッチからの座禅【8/25】

夏場最後の、クラッキイベントとして、マリノスプライマリーとの練習試合を行いました。

そして、プライマリーの選手と座禅を行い有意義な時間を過ごしました。

 

朝から、東山田のグランドでマリノスの選手とフットサルで試合。

遠征でもフットサル大会を経てきたので、思ってた以上に相手の攻撃の対応はできていました。

やはり奪った後にどう攻撃するのかは、まだまだ引き出しが少ないですね。

ドリブルの効果・意味などを理解し、試合で活用したいところです。

 

後半戦は、マリノスの選手たちとMIXでの各チームでの順位決め!!

マリノスの選手のコミュニケーション能力、試合においてのアドバイス、動き、参考になるものは多々あります。

どれだけ吸収できたかな!?

マリノスのスタッフの皆様、選手の皆様ありがとうございました。

その後、座禅会!!

同行できなかったのでコメントはできませんが、無の境地にはたどり着けたかな・・・

| - | pookmark |
JFA U−12サッカーリーグ2018(U2−1−Bブロック)

FAリーグスケジュールになります。

よろしくお願いいたします。

| - | pookmark |
上南杯 結果

毎年お誘いいただいている、上南杯に今年の夏も参加してきました。

最高に暑い中、熱い試合を魅せることができたのではないかと思います。

 

【大会名】

第39回上南杯少年サッカー大会


【日時】

8月11日(土)

8月12日(日)


【会場】

高田橋グランド

三栗山スポーツ広場


【試合方式】
11人制・15分ハーフ


【対戦チーム】

■予選

 

々馼楪釘藤

●0−1

南大野SSS

○3−0

小松原SC

●0−1

【総評】

この日は遠方でもあることから、集合も遅くバタバタしてしまいました。

UPも若干不十分の中、挑みましたが、思いのほか闘うことができ、敗戦したものの次につながる内容ではありました。

2試合目では、点数を稼ぐも、まだまだ勝ちに対しての執着心、得点をもっと欲するハングリーな部分が足りなく感じました。

3試合目は、引き分け以上で1・2位パートに進める油断からか、いつものハイプレスがはまらなかったように感じます。

そして相手チームの最後の強襲に、戸惑い、守備の対応もうまくいかなく失点。

追う側と、追われる側、最後まであきらめない姿勢を見せた相手に軍配が上がってしまいました。

 

■3位パート決勝トーナメント

。藤叩ィ複妝裡圍錬

○ 0−0(3PK2)

▲魯螢泪SC

○ 0−0(3PK2)

FFヴィゴーレ

○ 1−1(4PK2)

 

【総評】

この日は、スタートがどの試合も良かったです。

立ち上がりからプレスがはまり、マイボールの時間が多かったように感じます。

その分、攻撃の回数も増えましたが、攻撃の仕方が一辺倒なぶぶんがありました。

守備面でサイドのハーフが活躍した分、奪った後の上がりの切り替えの速さによってバリエーションが増える部分がありますが

まだまだこの部分での、スプリントの回数やチャンスをかぎ分ける嗅覚が足りなく感じました。

走らなくては始まらないので今後の課題として取り組むべき点ではあります。

それにしてもPKの強さなんなんでしょう。数年前の6年もそうでしたが、これも強みの一つなのかもしれないですね

 

何にしても、優勝は素晴らしい。

3位パートの優勝なんで、総合は???位になりますが・・・ただ勝ち上がり、最後を勝ちで終えれることは今後の成長につながる部分かと思います。

5年生・6年生共に協力して勝ちえたモノ!!おめでとう☆

 

【PHOTO】

 

| - | pookmark |
1/13PAGES | >> |