12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
SEARCH
<< U11 港北区大会 | top | JFA U−12サッカーリーグ2018(U2−1−Bブロック) >>
上南杯 結果

毎年お誘いいただいている、上南杯に今年の夏も参加してきました。

最高に暑い中、熱い試合を魅せることができたのではないかと思います。

 

【大会名】

第39回上南杯少年サッカー大会


【日時】

8月11日(土)

8月12日(日)


【会場】

高田橋グランド

三栗山スポーツ広場


【試合方式】
11人制・15分ハーフ


【対戦チーム】

■予選

 

々馼楪釘藤

●0−1

南大野SSS

○3−0

小松原SC

●0−1

【総評】

この日は遠方でもあることから、集合も遅くバタバタしてしまいました。

UPも若干不十分の中、挑みましたが、思いのほか闘うことができ、敗戦したものの次につながる内容ではありました。

2試合目では、点数を稼ぐも、まだまだ勝ちに対しての執着心、得点をもっと欲するハングリーな部分が足りなく感じました。

3試合目は、引き分け以上で1・2位パートに進める油断からか、いつものハイプレスがはまらなかったように感じます。

そして相手チームの最後の強襲に、戸惑い、守備の対応もうまくいかなく失点。

追う側と、追われる側、最後まであきらめない姿勢を見せた相手に軍配が上がってしまいました。

 

■3位パート決勝トーナメント

。藤叩ィ複妝裡圍錬

○ 0−0(3PK2)

▲魯螢泪SC

○ 0−0(3PK2)

FFヴィゴーレ

○ 1−1(4PK2)

 

【総評】

この日は、スタートがどの試合も良かったです。

立ち上がりからプレスがはまり、マイボールの時間が多かったように感じます。

その分、攻撃の回数も増えましたが、攻撃の仕方が一辺倒なぶぶんがありました。

守備面でサイドのハーフが活躍した分、奪った後の上がりの切り替えの速さによってバリエーションが増える部分がありますが

まだまだこの部分での、スプリントの回数やチャンスをかぎ分ける嗅覚が足りなく感じました。

走らなくては始まらないので今後の課題として取り組むべき点ではあります。

それにしてもPKの強さなんなんでしょう。数年前の6年もそうでしたが、これも強みの一つなのかもしれないですね

 

何にしても、優勝は素晴らしい。

3位パートの優勝なんで、総合は???位になりますが・・・ただ勝ち上がり、最後を勝ちで終えれることは今後の成長につながる部分かと思います。

5年生・6年生共に協力して勝ちえたモノ!!おめでとう☆

 

【PHOTO】

 

| - | pookmark |
スポンサーサイト
| - | pookmark |