08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
MOBILE
qrcode
OTHERS
SPONSORED LINKS
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
SEARCH
第7回 たちばなキッカーズ 卒団杯 スケジュール

↑クリック拡大

| - | pookmark |
【2/17スケジュール】青葉FC6年生招待杯

スケジュールになります。

↑クリック拡大

| - | pookmark |
U11 市長杯

横浜市の現5年生の大会、第44回横浜少年サッカー大会に出場しました。

いわゆる新人戦です。

最高の環境で試合ができましたね。そして最強の相手とも対戦しました。

 

【大会名】

第44回 横浜少年サッカー大会


【日時】

1月12日(土)

2月10日(日)


【会場】

横浜スタジアム


【試合方式】
8人制・20分ハーフ


【対戦】

1回戦 岩崎FC ○2−0

2回戦 横浜FマリノスPr ●7−0(0−3/0−4)

 

【総評】

初戦は、久々のこの学年での大会でもあり、ぎこちなくスタートした大会となりました。

やはり技術はだいぶ高くなった中で、それをどのタイミングで使うのか・・・またフィールドのどの位置に自分がいるかを認識し、その位置での良い選択をする・・・など、まだまだ力不足な点はありました。

ただ、初戦を勝ちきる力はついてきたかと思います。

2戦目は、マリノスさんとの試合。当然優勝候補でもあり、去年は共に交流戦・座禅をした仲間。

試合では、やはり緊張はあったもののすぐに慣れ戦うモードに。ただ、マイボールにしているときに縦へのパスをことごとくカットされ、相手のエリアへ侵入すらできなかった前半でした。

ハーフタイムで選手たちとも話、ドリブルだけで挑もうとシフトチェンジしました。

守備は逃してしまい広く展開されやられてしまう場面はありましたが、攻撃に関しては積極的に仕掛けチャレンジしそして奪われても奪い返すといった、臆することなく戦えるモチベーションが保てました。

この経験を活かし、FAに向けて調整していきましょう。

 

【PHOTO】

| - | pookmark |
【2/11スケジュール】FC大和6年生招待

招待杯スケジュールになります。

↑クリック拡大

| - | pookmark |
第45回 神奈川県少年サッカー選手権大会【高学年】

【大会名】

第45回 神奈川県少年サッカー選手権大会


【日時】

1月13日(日)

1月20日(日)


【会場】

梅田小学校


【試合方式】
8人制・20分ハーフ


【対戦】

vs 天神湘南 ○3−0

vs 菅FC ○2−2(3PK1)

vs グランツ梅田 ●0−4

 

【総評】

小学生の集大成ともいえるこの最後の公式戦。

秋のFAリーグ、区大会、練習試合を経て、なんとか形になった最終学年でした。

初戦の相手に対しては、立ち上がりから攻め込まれるシーンもあり、ポストにも救われる場面が多かったですが、粘りの守備から徐々に自分たちのペースで試合運びができるようになりました。

シュートの意識も高く、終わってみれば3−0でしっかり勝つことができました。

2戦目は川崎のチームでしたが、立ち上がりから自分たちのサッカーをし、先制、追加点と2点リードの状況でした。

ただ、初戦の頑張り、2点リードの安心感からか、プレッシャーをかけ続ける継続性が失われ、セカンドボールも拾えず、相手の攻撃が増えていき、2−2の同点でPK戦。

PK戦は、今年度に入って、公式戦、招待杯など合わせ6回すべて勝っていたので心配はなかったです。

ただ、試合の内容を考えると、まだまだ精神的にも技術的にもレベルアップが必要と感じた試合になりました。

3戦目は、このブロックでは強烈なインパクトを残し勝ち進んでいたグランツ梅田。

実はこの試合、恥ずかしながら担当のわたくしインフルにて帯同できずでした。

ただ、こんな時こそ、日ごろの成果が自分たち自身で発揮し、修正し、挑むといったところがでてくるもんです。

当日の試合映像を振り返ると、立ち上がりこそ緊張の中のスタートだったものの、一方的に攻め込まれると思いきや、なかなか戦えてるのではないかと感じました。

最終ラインからの組み立てが格段に上手くなり、縦パスを入れるための横パスの活用であったり、チャンスがあれば1枚でもはがす意識が全体に見られた気がします。

受けての意識、動き出しは今後の課題となることと、ビルドアップしたうえでどのようにフィニッシュにもっていくかが重要になっていきそうですね。

 

公式戦は、終わってしまいましたが、招待杯もありますので、しっかりとそれらの課題に取り組み、克服していきましょう。

そして次のステップアップにつながるよう日々の練習もハードワークしていきましょう。

 

保護者の皆様、遠方までたくさんの応援ありがとうございました。

卒団生の保護者まできていただきありがとうございました。

| - | pookmark |
U12トレーニングマッチ【12/26】

蹴りおさめということで、12月26日に三ッ池公園にて交流戦をしてきました。

都内の松仙SCさんに相手をしてもらいました。

 

【大会名】

練習試合


【日時】

12月26日


【会場】

三ッ池公園


【試合方式】
8人制・15分


【対戦】

・松仙SC

 

【総評】

県大会へ向けての、練習試合でしたが、8人制は久々。

試合をするごとに慣れていき、常に自分たちのペースで試合運びができていたのではないかと思います。

ただ、オフの動きの際に、受け手と、出し手の疎通がまだまだといったところです。

受けては足元、出しては背後、なんてことはよくあることですが、状況判断したうえで、この辺りの修正ができると、攻撃に関してもさらに強さが出てくるのではないかと思います。

あとはやはり、守備。8人制では、攻守の切り替えが早い分、守備への予測も不可欠です。

早めの予測と判断を守備においても習慣化していきたいところです。

 

さぁ、県大会どこまで戦えるか楽しみです。

その前に5年生の市長杯。

なんにしても、この一年間の成果を発揮する絶好の機会です。

頑張っていきましょう☆

| - | pookmark |
U11トレーニングマッチ【12/8】

横浜川和FCさんのお誘いで、交流試合にいってきました。

川和さんありがとうございます。

 

【大会名】

練習試合


【日時】

12月8日(土)


【会場】

都田公園多目的グランド


【試合方式】
8人制・15分


【対戦】

・横浜川和FC

・三保小SC

 

【総評】

4年生数名を助っ人に、試合全体ではマイボールにする時間帯を増やせたのは、良かったと思います。

相手との距離を保つボールの持ち方、食いつかせて仕掛けるドリブル、試合を観ていても面白いプレーが多々ありました。

ただ、相手がディフェンスでの対応を変えた時の引き出しがまだまだ少なく感じます。

まずは、ワンツーなどを使う崩し方、スイッチや、3枚目の動き出しがポイントになっていきそうです。

と、内容は、魅力的かつ積極的な動きが見れましたが、フィニッシュの精度が、今後の課題となりそうです。

 

選手たち自身が、今以上にサッカーの本質を理解し、そのためにどう闘うのかを考えていきたいです。

目的は、ゴールを奪う、ゴールを守る/ボールを奪う。←これにつきます。

 

来年は、市長杯です。

話した通り、くじ運の強さから、1回戦を頑張って突破すれば、マリノスプライマリーとの対決です。

頑張っていきましょう。

| - | pookmark |
12月2日(日)トレーニングマッチ

たちばなKCさんのお誘いで、練習試合を行いました。

 

【大会名】

練習試合


【日時】

12月2日(日)


【会場】

高田中学校


【試合方式】
11人制・15分


【対戦】

・たちばなKC

・勝田SC

・エストレーラFC

 

【総評】

今回の練習試合では、色々なポジションを学んでほしく、何名かはいつもと違う場所で挑みました。

全体でみても、まだまだその役割を理解していないのと、逆にそのポジションどりの固定観念が強く、それをリスクをおって攻撃に参加すること、守備に厚みを持たせることへのためらいが見られました。

ただ少しずつ、整理できつつあるなか、さらに激しいプレッシャーの中でもいつも通りの対応ができるようにしていきたいとこです。

頑張っていきましょう。

| - | pookmark |
【区大会吃堯朸菎膕餃吃瑤陵汁リーグ

【大会名】

【区大会吃堯朸菎膕餃吃瑤陵汁リーグ


【日時】

11月23日(金)

12月1日(土)


【会場】

谷本公園

都田公園


【試合方式】
11人制・20分ハーフ


【対戦結果】

。s 太尾FC

○4−1

 

■s 大豆戸FC

○1−0

 

【総評】

・太尾戦

→太尾さんのBチームと対戦しました。

谷本公園全面での試合でしたが、このコートの中でよく走り、テーマを継続させた。それにより獲得した勝利ではないでしょうか。

相手のオープンな攻撃を早い段階でプレスをかけ奪い、狭いテリトリーの中での崩しと仕掛け、それを失敗しても得点につながるまでやり続ける。そんなエストらしい試合運びができたゲームでした。

まだまだ、サポートに関しての距離間や、動き出しが遅いものの、徐々に理解してきている選手が出てきたかと思います。

 

・大豆戸戦

→学校行事やら、体調不良やらで休みも出てしまい、挑んだ最終戦。5年含めて11人。

相手は、無敗の大豆戸さんでした。大豆戸さんも11人ピッタリ。

そんな中、立ち上がりから守備からの攻撃がよくはまっていました。縦パスを入れさせてしまう場面が多いものの、読みの速さでインターセプトがはまり攻撃につなげることができました。

前半においては、まったく攻撃させなく、むしろチャンスはエストに多々あったのではないかと・・・前半は1得点で終わりました。

後半は、攻撃において守から攻で決定的な場面が、あったものの決めきれず、徐々に大豆戸ペースになっていきました。

ただ、最近の選手たちは、ここからの粘りを発揮するようになってきました。

相手の怒涛の攻撃をなんとか防ぎ、勝利。

こういった好ゲームができるのであれば・・・といったところです。

悔やんでも仕方ないので、県大会に向け調整していきましょう。

 

保護者の皆様、応援ありがとうございました。

 

 

 

 

| - | pookmark |
【区大会吃堯朸菎膕餃吃瑤陵汁リーグ 初日

【大会名】

【区大会吃堯朸菎膕餃吃瑤陵汁リーグ


【日時】

11月4日(日)


【会場】

常盤公園


【試合方式】
11人制・20分ハーフ


【対戦結果】

。s 駒林SC

●0−2(0−2/0−0)

 

■s YMCA

●0−1(0−1/0−0)

 

【総評】

・試合前の準備段階から、気持ちが乗っていて6年生を中心によいUPができました。

初戦は駒林SCさん市長杯ぶりの対決。

立ち上がりから、いい感じに戦えてると思いきや、一瞬のすきをつかれて失点。あまりにも早すぎました。

まず、攻撃において2試合目もそうですが、得点ができない。

ここに問題が。

前線でFWがボールをキープするもののサポートが少ない。押し上げが遅い。

また、押し上げが遅い分、相手のディフェンスにも奪う余裕を与え逆にカウンター。この繰り返しが多かったように思います。

もう一つは、目的はなんなのか・・・・・コートが広く、11人制でもある中で、目的を見失いがちではありますが、目的はゴールです。そのゴールを目指すためのツールとしてドリブル・パスがあります。

それをどう効果的に使うかが、うまくいっていなかったように感じます。

逆に相手の方がシンプルにゴールを目指してきました。

守備においてはしっかりとファーストがチャレンジし奪取する場面も多く良かったかと思います。

その反面、攻撃に切り替わった瞬間に、迷い、またボールを失う、の繰り返しでした。

 

どうしても守備は守備、攻撃は攻撃と切り離しがちですが、切り離れる瞬間はありません。常に表裏一体なのです。

故に、奪い切って満足ではなく奪った瞬間が攻撃、奪われた瞬間に守備と笛が鳴るまで続くのです。

 

まだまだ個々の技術は高まってきたものの、それをどう効果的に発揮するのかは今後の課題となりそうです。

頑張っていきましょう。

 

| - | pookmark |
2/15PAGES | << >> |